« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

絹の花

5月28日は得三にてHAYAKAWAのライブ。 久しぶりに得三に行った。

いや~ 今回もすばらしき怒涛の音圧とスリル感とグルーブの中、我を忘れて入り込んでしまった。なんだかスッキリ爽快。

帰り際、得三で会計のとき、カウンターの上に奇妙な佃煮が置いてあるのを見つけた。商品名は「絹の花」って書いてある。

「これは何?」と尋ねると、「カイコの佃煮。食べてみます?」と言われ、後には引けない。なるほど、「絹の花」ね。名前は美しいけどねえ。

恐る恐る口に入れ噛んでみる。

う~ッ、さなぎの皮のツルンプチッ!って感触・・・虫食べてる~実感・・・かなりショッキング

味付けは虫類特有の甘露煮なので最初はOK。だけど噛んでるうちに鼻に抜ける泥臭いような独特のニオイがして強烈、。

一匹でギブアップ。

後から胸焼けまでしてきた。滋養強壮にいいのか??

早川さんにも勧めてみたが「もうちょっと酔っ払ってから食べる」と逃げられた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブヨブヨ市のライブに

活動再開の第一弾として、来る6月2日の「ブヨブヨ市」ライブで私も1~2曲ギターを弾かせてもらう事に決定。

守備範囲外のジャンンルだけど、自分なりにやってみようと思う。どうなります事やら・・

尚、その日は、ゲストがいっぱい居るらしい。もはや「ワンマンライブ」とは言い難し。

しかも殆どが女性なんだってヨ~ 

モテモテ親父デュオだね~  お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてさて・・

いろいろとあって、今月はGW明けから、じい~っと世間から離れて冬眠(あ、もう初夏か!)生活を送っていたけど、

さて、少しずつ始動開始といきますか!

今日は雨上がりの夕焼けと雲がとってもきれいで、18時半頃だったかな~すぐ近くに虹が出ていた。 

みんな、見たかなあ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何年ぶりかでコケました。

一昨日、家族と実家の母を連れて篠島へ日帰りグルメツアーに行った。鮑に平目とゴージャスな食事で満喫して海岸沿いをお散歩。

そこまではとーっても楽しいGWの一日。なのに~

海岸沿いの堤防道路でちょっと走ったら地面の凹みに足を取られて派手に転んでしまった。しかも顔からコンクリ-トの地面に激突した。泣けてくる程痛かった・・・

こめかみから頬骨にかけて強打して目の横が見る見る腫れてきた。その後に瞼の周りが青くなり始め徐々に人相が変わり始めたーヤッバーイ 

島の人に氷をもらって冷やしながらの帰宅後、鏡を見て気を失いそうな程ショックを受けた。まるでボクシングでボコボコにされた選手の試合後のようだ。

翌日は休日だが、会社の引っ越しで出勤しなければならない。こんな顔では人前にでられましぇーん  でも引っ越し委員なので行かないわけにもいかない。

眼帯で隠して、なんとか会社へ行った。引っ越しで力仕事もあり、帰宅して見ると目の周りの内出血が更に広がり瞼は鮮血の色をして腫れている。ますますヤバイ顔になってる・・・

さすがに今日、救急外来の病院に行ったら目の検査と頭部のCTを撮られた。幸い医師から「見た目が派手だけど大丈夫。内出血は2~3週間で消えていくでしょう」と言われた。

2~3週間もこの面??? ぜぇーったいに人前に出られる顔じゃないのに、そんなにかかるの??

若くないから回復も遅いよな~  3週間以上と思ってた方がよさそうだ・・・トホホ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ギター始めた

すこし前にうちの子が「ギターをやりたいから教えて!」と言いだした。プヨさんはサックスを薦めていたけど、私の勝ちだわ

とりあえずエレアコを貸してあげて、指3本以内で押さえられるローコードをいくつか教えた。

これまで、何を教えてもすぐにあきらめて投げ出す子が珍しく一生懸命練習して次のコードを教えろと言ってきた。

じゃ、最初の壁「F」に挑戦。きっと挫折するんだろうと思いきや、必死に練習して、なんとか音がでるようになった。

これは本気かも知れない。

自分のギターを持てば、うれしくて、もっと弾きたくなるだろうと思い、先日コメ兵へギターを買いにいった。

コメ兵で偶然出会った、イキチ一家とおまんたさくらひめ夫婦にも付きあってもらい、みんなでギター選びに盛り上がった。なんと恵まれた環境の子なんだろう!!

手にいれたのはSquierの赤いテレキャスタ。

なかなかカッコイイし弾きやすい。私が欲しいくらいのお値打ちで良いギターだ。

いまのところ毎日さわっている。子どもが自分と同じ楽器をやりたがるって、うれしいなー

バンド作ったら、対バンしようぜ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »